栄養ドリンク やめたい アイキャッチ

栄養ドリンクをやめたいという思いはすでに依存症かもしれません。

依存症の境界をどこに引くか、というのはありますが、飲まずにはいられないというレベルなら、依存症を疑うべきでしょう。

頼りきるのではなくて、飲む飲まないを自分で判断する。必要以上には飲まない。
そんな線引きを実行しつつ、栄養ドリンクから離れていきましょう

栄養ドリンクの代わり、という概念とも無縁の自己管理法

栄養ドリンクの代わり、になるのは、充実した食事と睡眠です。
なんだよ、そんな当たり前のこと?なんて思わないでくださいね。

まずは、現在の生活を振り返ってみて下さい。
栄養バランスを考えない食事をしていて、寝る時間も不規則、足りない栄養と睡眠を栄養ドリンクで補っているつもり、になっていませんか?

夜は自炊してみよう

夜の食事は睡眠につながるので、とっても大切。
気持ちの負担にならないように、まずは週に2日とか、軽い感じでチャレンジしてみましょう。

すべて自炊というのも気が重いかもしれないので、2品くらいスーパーやコンビニで総菜を買って、みそ汁は濃い出汁で自分で作ってみる。

出汁の濃いみそ汁は最高に旨いですよ。
買う総菜を減らして、みそ汁の具を増やしてみるのもおすすめ。

沖縄のみそ汁定食みたいに、豚コマ、豆腐、葉野菜、などを入れればドカンとしたみそ汁になるので、おかずとして十分。あとはご飯でオッケー。

で、だんだん日数やレパートリーを増やす。
充実感というのも手に入ります。

これでかなり眠りやすくなるでしょう。

就寝の時間を決める

現代は娯楽があれこれ溢れているので、気づけば朝、というのも少なくはないでしょう。
そして寝不足、ダルい、そして栄養ドリンク、この流れにハマッてはいませんか?

何時に寝て何時に起きる、睡眠時間を一定幅でキープしましょう。言い訳先行で、これが苦手な現代人はマジで多いと思います。
最初はなかなか決断力がいるものですが、自分を慣らしていくしかありません。

食事も睡眠も不規則にしたのは自分自身なのです。その気になれば、疲れの取れる熟睡、を取り戻せます。
子供の頃みたいにグッスリ眠れるようになりますよ。

 

栄養ドリンクでも飲み過ぎは体に良くない

栄養ドリンクの飲み過ぎは健康に影響します。
「家庭の医学」みたいに脅かすつもりはありませんが、栄養ドリンクの過剰摂取は深刻な健康被害になる場合もあります。

ざっと挙げてみると、血圧上昇、肥満、腎障害、糖尿病、などなど。
栄養ドリンクのはずが腎臓に負担がかかった、なんて本末転倒です。

栄養ドリンクに多く含まれる成分はカフェインと糖分なので、栄養ドリンクの飲み過ぎは、カフェインと糖分の過剰摂取につながる可能性があります。

カフェインの摂り過ぎによる副作用がコワい

眠気や疲労を抑えて運動機能を高める、というのがカフェインは得意なようですが、これって、「睡眠不足でもちゃんと仕事させてあげるよ」な甘言が隠れていると思いませんか?

メリットだけなら問題ありませんが、副作用というデメリットがあります。
カフェインの過剰摂取は、不眠症、血圧上昇、不整脈など、有難くなんかない副作用があるんです。
栄養ドリンクの需要は世界規模で高まっているそうですが、それは同時に、栄養ドリンクの過剰摂取による健康被害が世界規模で広がっている、ということでもあります。

糖分の摂り過ぎは2型糖尿病の扉を開く

糖分の過剰摂取は血糖値が上昇、飲み続けると2型糖尿病(いわゆる糖尿病)、という結果が待っています。

糖尿病は万病のもと、なんて言われてますからね。
億万長者なら最高ですけど、こっちの「万」は嬉しくなんかありません。

自制しましょう。気づきましょう。
「ちょっと風邪気味で食欲がない」栄養ドリンクはそんな時に飲むものだと思います。

 

栄養ドリンクとエナジードリンクの違いよりも共通部分にこそ注意

栄養ドリンクは「医薬品または医薬部外品」
エナジードリンクは「清涼飲料水」

という違いもあり、成分の違いもありますが、大事なのはそこではありません。

大切なのは、正しい生活で自分の体調を維持する、という視点から見たときの注意点です。

風邪薬と一緒に飲んではいけない

栄養ドリンクやエナジードリンクといっしょに風邪薬を飲むと、カフェイン中毒になったり、心臓に負担がかかる、と言われています。

一般的に良くないと言われてることはしない、という認識で行動しましょう。
風邪薬は白湯で摂取して、そのあとゆっくり休む、というのがベストな風邪対策ですよ。

【注意!】栄養ドリンクとエナジードリンクの共通点

栄養ドリンクとエナジードリンクには、ほぼ同量のカフェインと糖分が含まれていると思ってください。

飲み過ぎはヤバいですよ、のヤバい度は同じと考えるべきです。

この記事は、栄養ドリンクもエナジードリンクも否定するものではなくて、その飲み方を考えてほしくて書いています。

自分の体調は自分でちゃんと管理しよう

本来、栄養ドリンクやエナジードリンクに頼らなくても、健康に生活できるはずなんです。

ちゃんと食べてグッスリ眠る、この快感というか気持ちよさをもう一度取り戻して味わってみて下さい。
大きな満足感と安心感があります。

それは本当に便利なのか?手抜きじゃないのか?
このあたりをチェックできる感覚って超大事だと思うんです。

栄養ドリンクをやめたい、その気持ちを生活改善へ向けて、本物の快適ライフを手に入れましょう!

おすすめの記事