R-1ヨーグルト 効果 アイキャッチ

現在も大人気の「R-1ヨーグルト」の効果について書きました。

R-1ヨーグルト 効果

R-1ヨーグルトに期待される一番の効果は「免疫力の向上」です。
R-1ヨーグルトを摂取することで期待できる効果はこんなにあります。

インフルエンザの予防効果がある

マウスでのインフルエンザウイルス感染試験で、インフルエンザ予防効果があるという結果が得られました

北里大学(山田陽城教授、永井隆之講師)との共同研究で、マウスを新型インフルエンザと同タイプのA型H1N1亜型のインフルエンザウイルスに感染させる実験を行いました。感染させる21日前から感染後4日まで、乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトか同乳酸菌が産生するEPSをマウスに与えて、水を与えた群と比較して観察しました。

するとマウスにこの乳酸菌を使用したヨーグルトを予め与えておく事で、インフルエンザウイルス感染後の生存率が向上したのです。

水を与えて比較対照としたマウスが感染後10日以内で全滅しているのに対して、ヨーグルトを与えたマウスでは、感染後の生存率も上昇し、生存日数も長くなることが確認されました。

引用元:meiji 乳酸菌研究最前線

R-1ヨーグルトを飲み始めて、その効果を確かめるために、「あえて予防接種をうけない」ことにした男性。

この間、職場から連続して2人インフル患者が出たものの、この男性はインフルエンザになることはなかったそうです。

もちろん、おすすめできる確認方法ではありませんが、R-1ヨーグルトの効果だと言い切ることもできませんが、ご本人はR-1ヨーグルトの効果だと実感しているようですよ。

腸内環境を整える効果がある(下痢・便秘)

乳酸菌といえば善玉菌の代表格。
R-1ヨーグルトには、6000種類以上から選び抜かれた乳酸菌「1073R-1乳酸菌」が入っています。

善玉菌の代表格で、6000種類以上から選び抜かれた、となれば、腸内環境をしっかり整えてくれそうです。

お肌のトラブルを改善してくれる

腸内環境が乱れると、敏感肌・ニキビ・乾燥・くすみ・ザラつき・、皮脂が増えて肌がかゆくなる、などなど、お肌の悩みがドッと出てくる可能性が大きいんです。

腸内環境が整う→お肌の悩みがかなり減る、という効果が期待できますよね。

また、R-1ヨーグルトに限らずですが、ヨーグルトには、ビタミン・カルシウム・ミネラル・アミノ酸が豊富に含まれています。

乳酸菌やカルシウムは美容に役立つ成分、として知られています。

花粉症に効果がある

効果には個人差がありますが、微熱が出てしまうくらい酷い花粉症だったのに、R-1ヨーグルトを飲むようになって、多少鼻が詰まって苦しくなる程度で済んでいる、という人もいます。

リウマチの予防効果がある

免疫の異常により、主に手足の関節が腫れたり痛んだりするリウマチ。
「免疫力の向上」を目指して開発されたR-1ヨーグルトなら、その予防にも期待が持てます。

 

R-1ヨーグルトの効果を最大に発揮するための3要素

R-1ヨーグルトの効果を安定して維持するために必要なのは、次の3つです。
単純なことって、続けるのがなかなか大変な時もありますが、続けるだけの価値はありますよね。

継続して飲み(食べ)続けよう

乳酸菌は長期的に体内で生き続ける訳ではありません。短くて3日程度、長くても1週間で死滅すると言われています。

体内の乳酸菌を維持するために、毎日ヨーグルトを食べ続ける必要があります。

1日100g~200g程度を摂取しよう

1日100g~200gが最適だと言われています。
食べすぎると、脂肪やカロリーの摂り過ぎにもなるので、コントロールが必要です。

摂取時間は夜22時~午前2時の間がベスト

ヨーグルトは朝食、というのが定着してる感もありますが、朝はヨーグルトを摂取するベストタイミングではありません。

腸のゴールデンタイムは午後22時から午前2時の間。寝る前か、食後に摂取したほうが良いと言われています。

その理由は、腸の働きが一番活発になる時間帯が夜だから。
眠りに入って4時間ほどすると、腸内環境を整えるために、乳酸菌などの善玉菌の働きが活発になって、老廃物の排出や有害物を減らしてくれます。

朝一番のヨーグルトは、実は逆効果で、胃酸で乳酸菌が死んでしまうので、期待される効果が薄くなってしまいます。

 

R-1ヨーグルト愛用者の口コミ

  • R-1ヨーグルトを始めてから3年になりますが、一度も風邪をこじらせることなく過ごせています。
  • 風邪やインフルエンザなどにかかっていません。
  • 腸内環境を安定させるために何年も食べていますが、ほとんど便秘をしなくなりました。
  • ひどい花粉症に悩まされていましたが、心なしか症状が軽くなっているような気がします。

ジャムを入れたり、果物と食べたり、シナモンと蜂蜜と合わせたり。
このあたりは他のヨーグルト製品と同じですが、美味しく食べる工夫をしている人もいますね。

 

R-1から自分で作ったR-1、「買うR-1」と同等なのか?

3,000円程度の牛乳パックタイプのヨーグルトメーカーでも十分作れます。
お持ちのヨーグルトメーカーで、買ってきたR-1ヨーグルトをタネにして、ヨーグルトを作ることは出来ます。

出来ますが、それが「買うR-1」と同等なのか?というと、それはどうも違うみたいです。
残念!

プロビオヨーグルトR-1を種菌にしてヨーグルトを作ることはできますか?

プロビオヨーグルトR-1を種菌にしてヨーグルトを作ることはできます。

ただし、プロビオヨーグルトR-1の特徴である1073R-1乳酸菌が作り出すEPS(多糖体)の量は、原材料や発酵条件等により異なります。
一般家庭ではこの商品と同等量のEPS(多糖体)を作り出すことができないと考えられます。

そのため、当社で生産しているプロビオヨーグルトR-1をお召し上がりいただくことをおすすめします。

引用元:Q&A お客様のご質問にお答えします

 

簡単に言うと、こういうことですね。
自分でR-1ヨーグルトを作るのはたぶん(というか、絶対)無理だから、製品を買って飲んでね(それでお互いにWinWinだよね♪)。

まぁ、確かにね、1本130円くらいのを毎日飲むとなると、1か月で約4,000円。
この出費を抑えられたら、それはそれで良いのでしょうけど、そんな簡単に複製出来ちゃったらメーカーさんも大変です。

自作のR-1で自己満足して本末転倒になるより、効果を求めるのでしたら、買って飲み食べましょう!
それは健康への投資でもあります。

R-1から自分でR-1を作って、偽物まがいで満足して喜ぶよりも、成分が揃ってて効果も期待できる「R-1ヨーグルト」を店頭やネットで購入しましょう。

R-1ヨーグルトを買って飲んで、日本経済を回しましょう

日本全国の個人がR-1ヨーグルトを買って飲む。
株式会社明治さんが喜びます。

何でもウマいことやって、お金を使わないで、という流れが当たり前になってくると、お金の回転が悪くなります。

会社がウマいことやって、社員の労力を削減するような方向に動いたら、給料をもらって生活してる人が困ります。

回り回って自分が困るようになる。
イマの日本ってあっちこっちでそんなことが現実に起きちゃってるのではないでしょうか。

 

R-1ヨーグルトの「免疫力の向上」はコロナに対してはどうなのか?

興味のある方がいらっしゃるかも知れないので、引用で紹介しておきますね。

まず、コロナウイルスについてですが、ご存じとは思いますが、感染症として認知されて間がなく、このウイルスに対するヨーグルトの健康効果は、あるかどうかも含めて、現段階では何もわかっていないところです。今後の知見が待たれます。

一般的な風邪に対しては、ブルガリアの伝統的なヨーグルトから分離した乳酸菌で発酵したヨーグルトを1日90gで8~12週間摂取することで、同じ期間100mLの牛乳を飲むよりも罹患リスクを約2.6倍低下できるとの報告があります。

引用元:酪農ジャーナル電子版【酪農PLUS+】

現在、コロナに関してはまだまだ油断できない状況なので、十分に気を付けて生活したいところです。

 

R-1ヨーグルトって、こんなに種類があるって知ってました?

r1ヨーグルト 一覧

これだけあると好みが分かれてくると思うので、時間をかけて飲み比べながらどれかに決める、というのも面白そうです。

商品概要や栄養成分表示など、詳しく知りたい方はコチラからどうぞ。

 

まとめ

乳酸菌=ヤクルト
乳酸菌はヤクルトのニオイ
ある年齢から上の人って、ほとんどがそんな認識をお持ちなのではないでしょうか。

乳酸菌飲料は日本の文化ですよね。
もう飲むのが当たり前で、体に必要なのも知っている。

R-1ヨーグルトが安定して人気があるのは、きっとそんな背景もあるのです。

R-1を飲んでから体調がすこぶる良い!
という人もたくさんいます。

R-1ヨーグルトを飲んで、免疫力を向上させて、すこぶるグッドな体調を手に入れて、美肌になっちゃいましょう!

だって、あれだけの効果が期待できるんですから、飲んでみる価値はありますよね。

おすすめの記事