低温調理器 バケツ アイキャッチ

ここ数年でジワジワ人気が高まっている低温調理器。専用の鍋もありますが、低音調理初心者さんはバケツで試してみましょう。

バケツだからって侮ってはいけません。
美味しい低温料理が作れちゃうんです。

低温調理器には専用の鍋もあるのに、なぜにバケツ?

低温調理器には鍋も必要ですが、適当な鍋がなければ購入しなくてはなりませんが、素材を考えたり、選んだり、なかなか面倒です。

手っ取り早く低温調理を楽しみたいですよね。
ということで“バケツ”です。

実際、こんなふうに鍋の代用としてバケツを愛用している人もいます。


ローストビーフがきれい&美味しそうにでき上っていますネ♪

金属でもプラスチックでもオッケーですが、プラスチック派が多いみたいですよ。

 

低温調理器に使うバケツの条件

低温調理器に使う鍋はこういういうのがお勧め
調理に必要な水量が余裕で入る深さがある
低温調理器の留め具で挟める
特殊な形ではないもの

ということを参考にすると、鍋の代用としては、
バケツ、クーラーボックス、発泡スチロールの箱、適当な形のプラスチック容器
といったものが候補としてリストアップされます。

で、手に入れやすさやコストの面から絞り込むと、バケツが残ります。
低音調理器を余裕で使いまわせるくらいのサイズのバケツを選んでくださいね。

バケツを使うメリット

後片付けがらくちん、気持ちもらくちん♪
実は、低温調理器の専用鍋などはホーロー製のものが多く重いんです。重い鍋を洗って乾かして収納なんて、低温調理器初心者は料理をまず楽しみたいのに、これはちょっと面倒。

どこでも手に入る。安い。扱いなれてる。
それがバケツ。

調理が終わったら、低温調理器本体をバケツに入れて片付けポン!
バケツが置けるスペースがあれば、低音調理器も込みで片付くんです。楽ちんですよね♪

そして、低コスト
入手も簡単で安い!
バケツは、庶民の美味しい料理の味方です。(笑)

プラスチック製でも金属製でもオッケー。
ホームセンターや100均で売ってる数百円のバケツでOKです。

バケツを使うデメリット

低温調理器の本体の重さに耐えられるか?
低温調理器の本体の重さは 1~1.4kg くらい。
バケツを低温調理器本体の留め具で挟んで使用します。

軽いバケツだと、低温調理器本体の重さに負けてひっくり返ってしまう可能性があるので、一回り大きいくらいのサイズのバケツをおすすめします。

バケツの素材にも注意
低温調理は60℃台まで加熱することが多いので、念のため、バケツの耐熱温度を確認しておきましょう。

レシピによっては、もっと高くなる場合も考えられるので、購入時に素材の耐熱温度を確認することも大事ですが、調理の時も再確認するようにしてください。

鉄製のバケツなら問題ありませんが、使い勝手の良さから、プラスチックのバケツになる場合が多いようなので、気を付けて料理を楽しんでくださいね。

 

そもそも低温調理とは?

ローストビーフ

低温調理の魅力は、初めて食べる人の動きが一瞬止まっちゃう!くらい美味しいこと。
美味しくなる理由は、低温でじっくり火を通すことで水分が残ってジューシーに仕上がるから。

調理も比較的簡単で、低音調理器があればいつもの料理がランクアップ、自宅でプロの味を再現できる、というところが人気の理由なんです。

鍋のように金属から直接熱を与えるのではなく、間接的に水の温度を介して具材を調理する、というのがここで紹介する温熱調理ですが、素材を密封して優しく熱を加えていく、というのが美味しさの秘密なのかもしれません。

具体的にどんな仕上がりになるのかというと

温熱調理は主にお肉の調理に使われています。

柔らかくジューシーなお肉料理になるので、ミディアムレアのローストビーフや、ジューシーな鶏胸肉なんていうのも簡単に出来ちゃうんです。

鶏胸肉って上手に出来たつもりでもパサつきがちですもんね。
あぁ、生つばゴックン状態になってきた(笑)

オススメの低温調理器は?

低音調理器オススメの2大メーカーは、ANOVA(アノーバ)とBONIQ(ボニーク)。
この2社は口コミランキングでも上位に入っています。

ANOVA(アノーバ)
欧米で人気。WiFiやBluetoothと連動した使い方が出来るのが特徴。
海外メーカーなので、説明書やレシピが全て英語。変換アダプタを別途購入の必要あり。というのが難点。
BONIQ(ボニーク)
BONIQ(ボニーク)
日本初の低温調理器専門ブランドから製造・販売されていて、国内でNo.1の人気。
直感的な操作感覚、0.5℃単位で温度調節が可能、120以上の日本語レシピから好きなメニューを選んで作れる、などの理由から人気が高い。

 

低音調理器にバケツ、は低温調理初心者の入門段階

バケツは確かに安いし、扱いやすい。
素材とサイズ選びを間違えなければ、低温調理に十分適しています。

でもね、多分ですけど、低温調理器の扱いにも慣れてきたら、「うーん、バケツかぁ。なんかね~…」な感じになってくるかもしれません。
そのタイミングで専用のお鍋というのを考えてみましょう。

そして、より本格的なレシピに挑戦してみましょう!

でも、急ぐ必要なんかないですからね。
美味しい低温料理を味わいながら、自分のレシピを開発しながら、なにか物足りなさを感じてきたら、その時が“専用鍋買い”のタイミングです。

楽しみながら、あなたの低温調理の世界を広げていってくださいね♪

おすすめの記事