pc9
ph9
  第九番霊場 所在地:〒709-4254 岡山県美作市万善261番地  
黒見山宝聚院
  觀音寺 電話番号:0868-75-2129
  住職:有元實範
縁起
聖武天皇の御代天平十年(七三八)行基菩薩諸国霊場行脚の砌、役の行者開山の美作三行場の一を尋ねて此の地に巡錫されるに日暮れて道なお遠く、 万善の横尾嶺に杖を留め給う。
勿ち紫雲たなびき、十一面観世音菩薩の霊夢を拝す。即ち膝元より三宝鳥が飛び立ち、その行先遥な深山に黒肉色燦然と輝くものあり、これは 不思議とその黒光りを目指して馳せ登れば行者山(空浄山)に到り、尋ね求めし修験の行場を眼前に、幾千年を経て真黒に光る古木あり。
仍って、菩薩一刀三礼し 、この霊木をもって十一面観世音菩薩の尊像を刻み、修法され下山途次、霊夢を感得せる山麓の横尾嶺に自ら一宇を建てて 秘かに安置し、寺号を観音寺と称し行者山を奥の院と定めたという。またこの由をもって、行者山をのちに村人たちが黒見山と呼ぶようになったと伝える。(寛永七年鐘鋳録より)
寺宝・文化財
木造えんま庁座像
木造阿弥陀如来立像
大型一石五輪塔
天然記念物観音寺の森
アクセスマップ

納経朱印の場所 本堂の縁側
詳しい地図はこちら
ページの終了