pc80
ph80
 

第八十番霊場

所在地:〒708-0045 岡山県津山市西寺町43番地  
極楽山
  光厳寺 電話番号:0868-22-5435
  住職:岡村法秀
縁起
今から遡ること約三八〇有余年、時あたかも国主森忠政公が津山城竣工を目前に控え、城下の町造りも着々と進捗中であった慶長十九年(西暦一六一四年)豪商蔵合氏の発願により、院庄清願寺に在りし秀照上人が津山の現在地に移り来たりて開基されたとある。
その後数年間は、同じく清眼寺と号していたが、延宝二年(西暦一六七四年)極楽山の山号だけ残して「光厳寺」と改め、現在に至っている。
光厳寺という寺名の由来は定かではないが、寛永十九年(西暦一六四二年)の正月、光厳寺二世上人秀慶法印記縁起をみるとき、津山船頭町田原屋六兵衛が当時の檀徒という因縁により、ご本尊不動明王として納められ今日に至るが、信心深い六兵衛に不動明王が海中より浮かびたまわったのであろうと記される。
この寺伝を見る時、あるいは「光厳寺」という寺号は不動明王の海底にまぶしく輝く光に由来するものかも知れない。
三八〇年の春秋を経た庫裡は昭和六十年二月に再建。本尊は子育て不動として霊験あらたか。毎月二十八日十時より護摩供を修し所願成就を祈る。
境内にユニークな石造の閻魔像がある。本道に蔵合氏五輪塔の墓を祀る。
年中行事
毎月二十八日 縁日護摩供
アクセスマップ

納経朱印の場所 第78番 愛染寺
庫裡の玄関。
詳しい地図はこちら
ページの終了