pc37
ph37
 

第三十七番霊場

所在地:〒719-3116 岡山県真庭市日名51番地  
福田山
  善福寺 電話番号:0867-42-1215
  住職:近藤久應
縁起

当寺は、現在の福田の地に仙巌上人という僧が庵を結び、時の領主から寺領の寄進をうけたことにはじまる。(福田村の地名の起源)と伝えられるが、年代は不明。ただし、元禄二年の記録では、すでに日名村の現在地にあることが書かれているので、開山はかなり古いものと思われる。
本尊十一面観世音菩薩は、平家物語藤戸合戦の中にみえる佐々木盛綱の守護仏で、観音の霊験によって勝利をえた盛綱が、備前国児島に藤戸寺を建てて、この観音をまつったといわれる。
しかし、江戸時代のはじめになり、領主池田候の廃仏にあい、快仟法印は法難を避け、本尊を奉じて、この寺に入ったと伝えられる。
なお、人々から子授け、安産の観音として古くから信仰されており、また、母乳の出を願う女性が遠くからも参詣している。

年中行事
一月一日〜三日 修正会祈祷
旧四月八日 花まつり
七月 土用五郎
百万遍祈祷
八月十七日 観音様縁日『観音まつり』
アクセスマップ

納経朱印の場所 客殿西側。
詳しい地図はこちら
ページの終了