pc33
ph33
 

第三十三番霊場

所在地:〒719-3152 岡山県真庭市鹿田482番地  
鹿田不動尊大寺山
  勇山寺 電話番号:0867-52-0454
  住職:西川章信
縁起
神亀三年聖武天皇の勅願に依り行基菩薩三十三歳の御時、御丈六尺五寸の薬師如来を彫刻し、
七堂伽藍を創定し、以て国府大寺と号し給う。その後弘法大師は行基菩薩の残されし薬師如来の霊光を
欽仰せられ、嵯峨天皇の弘仁六年十一月に弘法大師四十二才の御時来錫遊ばし、不動明王、
矜伽羅童子、制多伽童子を厄難除けのため一本三体一刀三札の下に彫刻安置し給う。
不動明王は御丈六尺一寸一分、両童子は等身の作にて、本尊薬師如来と共に明治三十四年八月に甲種国宝に指定されたり。
年中行事
修正会
正月三ヵ日
大般若祈祷会
星祭
節分
毎月二十八日(御縁日) 不動尊護摩法会
旧暦三月二十一日(檀家総会) 正御影供
盆の棚経
年末の家浄
除夜の鐘
年中行事
明治三十四年八月甲種国宝指定(現在国重文)
本尊
薬師如来(木彫座像)
不動明王(木彫座像)
両童子(木彫等身像)
本堂 落合町指定文化財
アクセスマップ

納経朱印の場所 客殿正面に、
納経所を表示。

徒歩の場合:バスで天神橋又は東松原にて下車、徒歩で二十分。汽車は東津山駅にて下車、徒歩で三十分。

自家用車の場合:国道五十三号線東松原交差点より北に入り、林田小学校より西へ五〇〇〜六〇〇米

詳しい地図はこちら
ページの終了