pc22
ph22
 

第二十二番霊場

所在地:〒709-3624 岡山県久米郡久米南町下籾396番地  
竜堂院
  瑞泉院 電話番号:0867-22-1784
  住職:香川光斎
縁起

当山は元竜堂山阿弥陀寺と言い、明治五年無住無檀の故を以て廃寺となる。そこで「岸」の末族其他心ある信徒らが、本尊供養とこの旧蹟保存のため、再び朝夕聞慣れた鐘の音を慕うて、明治二十五年十月高野山から瑞泉院を移転し、堂四十四年六月同所仏頂山興善寺を合併した。

その由緒を尋ねるに「竜堂山阿弥陀寺」は、遠く弘仁十二年三月僧玄ムの末流賢景が、此地の一草堂(古御堂)に掛錫して、弘法大師の作と伝えられる阿弥陀仏を発見し、昼夜禅定修観を凝らし一夜本尊の悪夢に感じて、四年後に阿弥陀寺が建立された。その後竜王山城主岸備前守氏秀の祈願所でもあった。当山にお墓がある。

次に「興善寺」(下籾一四八一番地がこの古蹟)其の由来久しく後の世の、永禄九年備中成羽城主三村家親が兵六千を率い、本陣を興善寺におき戦死した。供養塔が興善寺跡にある。

年中行事
一月一日 修正会
三月二十一日 彼岸会
八月十五日 施餓鬼会
九月二十一日 彼岸会
アクセスマップ

納経朱印の場所 本堂の前
詳しい地図はこちら
ページの終了